令和4年度 地域デザイン研究会

防災キャンプ

イメージ

9月27日(火)、さくら市様、栃木トヨタ様の協力を得ながら陽東キャンパス11号館で防地域デザイン研究会「防災キャンプ」 を開催しました。

学生および教職員が災害時等に避難所に設置するパーティションの組み立て・片付けを体験しました。避難時には、実際にどのようにパーティションを使用しているのかなどの使い方についてレクチャーいただき、様々なパターンの使用方法を想定された使い方への工夫を教えていただきました。その他にも防災クイズを出題いただき、防災食の試食や、災害支援経験者のお話を聞くなど、防災を身近に感じた研究会でした。
電気自動車の給電システムについてもレクチャーいただき、楽しく防災を学ぶことができました。
「防災に関する"知識を身につけること"も備えの一つである」というのが印象深かったです。

開催にあたり、さくら市様からは備蓄食料の提供及び防災用品の貸出、栃木トヨタ様からは電力給電可能な車両を持参していただきました。
ご協力くださったさくら市総務課危機管理係様、栃木トヨタ株式会社様、Vネット柴田様に感謝申し上げます。

日 時:2021年9月27日(火)11:00~13:00
場 所:宇都宮大学陽東キャンパス11号館隣
参加者:地域プロジェクト演習19班3名、CRD Youth 1名、マネジメント研究室ゼミ生3名、
    地域プロジェクト演習グループ指導教員(海野 寿康)、
    地域パートナー・さくら市総務課危機管理係2名、栃木トヨタ株式会社3名、
    NPO法人とちぎボランティアネットワーク1名、地域デザインセンター教職員6名
主 催:宇都宮大学地域デザイン科学部附属地域デザインセンター、さくら市総務課、栃木トヨタ自動車株式会社

☆宇都宮大学広報室トピックはこちら