地域防災部⾨

Regional Disaster Management

地域防災部⾨とは?

「地域デザインセンター・地域防災部門」は、栃木の地域防災・レジリエンス社会の実現に向けて、防災に関する教育・研究・地域連携を推進する総合的な機関です。県内の大学、自治体、企業等の協力を得て、中長期的に栃木の地域防災力を総合的に高め、また、リードする拠点となるよう整備していきます。

NEWS

2023/01/11お知らせ
宇都宮大学地域デザインセンター「地域防災部門」設立記念シンポジウムを開催しました.→報告書
2022/12/02お知らせ
宇都宮大学地域デザインセンター「地域防災部門」設立記念シンポジウムを開催いたします.

日 時:2022年12月9日(金)13:00-17:00
場 所:宇都宮駅東口交流拠点施設「ライトキューブ宇都宮」
主 催:国立大学法人宇都宮大学
共 催:一般社団法人国立大学協会
対 象:行政、自治体関係者、防災組織関係者、県民等 300名
内 容:基調講演・報告・分科会(空間管理、水災害とボランティア、災害後の健康維持、人材育成)
参加費:無料
栃木県における地域共創による防災まちづくり詳細
→参加申し込みは終了しました【12/2申込〆切】

防災教育

防災に関する教育を推進します。学生向けの教育プログラムに加え、自治体職員や防災士向けの講座やイベントも開催します。単なる情報提供にとどまらず、参加者同士が学びあうコミュニティづくりを進めていきます。

出版や教材開発にも力を入れ、本学が有する知に加え、栃木県内で取り組まれているグッドプラクティスを広く発信することで、地域防災力の向上につなげていきます。

イメージ

防災研究

地域防災・レジリエンス社会の実現に向けた調査・研究に取り組みます。
学際的なテーマに意欲的にチャレンジします。

平常時からの地域防災力の向上

地域の防災力向上に向けて、人材育成や災害時の医療・ボランティア、地域振興・復興や空き家問題など多様な問題に対して、防災力を備えたコミュニティの構築を目指して研究を行っています。

2022年度準備中
ただいま準備中です.

社会・安全システム

緊急時や災害時における自治体や官民協働による公共サービスのシステムを評価したり、最適な運用方法をつくり出します。また仮設住居の性能に関する研究を行っています。

2022年度準備中
ただいま準備中です.

建築構造物・
インフラの耐震性向上や維持管理

巨大地震や大規模水害に対する防災・減災を目的として、建築構造物やインフラの耐震性向上や維持管理、住宅の浸水被害軽減やメンテナンス、地下空間の安定性評価に関わる研究を行っています。

2022年度実験
振動台による橋梁の地震時振動実験Detail

災害の歴史と実態

地震や豪雨による土砂災害や洪水、津波などの自然災害の調査・研究により、発生した災害の実態や地域の特性を踏まえた防災・減災システムの検討を行っています。

2022年度調査研究
水災害の調査(関東・東北豪雨の鬼怒川決壊)Detail

地域連携

地域防災力を高めるために、大学の専門性を活かした地域連携を推進します。
計画づくりや訓練の企画・運営・評価などの支援を行います。地域における平時の防災・危機管理に関する取組や発災直後の各種調整、復旧・復興を見据えた多様な視点による調査研究等、本学の資源をご活用ください。

地域の皆さんが考え、実践していくプロセスに寄り添っていきたいと思います。

イメージ

防災メンバー紹介

地域防災部門のスタッフを紹介します。

石井 大一朗

部門長

石井 大一朗コミュニティデザイン学科 准教授

ー教育・研究分野

コミュニティ政策、市民参加、非営利組織論

Detail
海野 寿康

海野 寿康社会基盤デザイン学科 准教授

ー教育・研究分野

地盤工学、地盤災害、災害科学

Detail
古賀 誉章

古賀 誉章建築都市デザイン学科 准教授

ー教育・研究分野

建築安全学、建築計画学、環境心理学

Detail
近藤 伸也

近藤 伸也社会基盤デザイン学科 准教授

ー教育・研究分野

防災マネジメント

Detail
飯村 耕介

飯村 耕介社会基盤デザイン学科 助教

ー教育・研究分野

海岸工学、水工学

Detail
大嶽 陽徳

大嶽 陽徳建築都市デザイン学科 助教

ー教育・研究分野

建築意匠、建築設計

Detail
土崎 雄祐

土崎 雄祐地域デザインセンター コーディネーター

ーひとこと

安心して暮らせる地域づくりに貢献します!